投資方法に悩んだら、グレアムの投資哲学を思い出そう

ベンジャミン・グレアムの投資哲学のエッセンス

1.投資とは、詳細な分析に基づいて行うものであり、元本を保全して、適切なリターンを上げることと定義する。この条件を満たさないものを投機と呼ぶ。

2.将来のことは分からないのだから、投資家は手元資金をすべてひとつのバスケットに入れてはならない。その安全で堅実な範囲を超えて冒険に挑んだ人々は、精神的に大きな困難を背負うことになる。

3.投資家と投機家の相違は、その人が相場変動に対して、どのような態度で望むかという点である。投機家の関心事は、株価の変動を予測して利益を得ることであり、投資家の関心事は、適切な証券を適切な価格で取得し保有することである。

4.安全域の原則を確固として守ることによって、十分なリターンを得ることが可能である。安全域の原則は、割安銘柄に適切に適応することでさらに明白なものとなる。割安銘柄は、株価がその株式の本質的価格よりも安い状態にあるわけであり、その差が安全域である。

賢明なる投資家 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法
ベンジャミン・グレアム 

この記事の対象者

  • 株式投資に悩んでる方
  • 株式投資の初心者(少しハードルが高いかもしれません)

投資方法に悩んだら、グレアムの投資哲学を思い出そう

株式投資を始めた際に、「どこに投資をしてよいか分からない」と私は思いました。

しかし、「賢明なる投資家」という本に出会い、投資先に悩むことを解決できました。

なぜなら、この本により、「株式投資の羅針盤(自分の進むべき方向)」を手に入れたからです。

具体的には下記のような考える機会を与えてくれます。

  • 今、投資しようとしている銘柄は、「投資」か「投機」なのか?
  • また、集中投資をしようとしていないか?リスク分散が出来ているか?
  • 会社がバーゲンセールで売られているのか?(よい商品がなにかの手違いで割安で放置されているイメージ。だめ商品が格安で売られているものとは違う。)

また、余談ですが、投資している最中もこのエッセンスを忘れないで下さいね。

気づいたら、「買った時」と「今」で売買の理由が変わっていることがあります…

ぜひ、投資方法に悩んだ際は、「グレアムの投資哲学のエッセンス」を思い出し、投資先を選んでみましょう。

まとめ

銘柄の選定は、「グレアムの投資哲学のエッセンス」で、悩みを解決できる。

やり方は、「グレアムの投資哲学のエッセンス」を守り、投資をするだけです。

賢明なる投資家はとてもよい本なのでぜひ読んでみて下さい。

賢明なる投資家 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法 (ウィザードブックシリーズ) [ ベンジャミン・グレアム ]

価格:4,180円
(2023/7/16 07:36時点)
感想(5件)

マンガでわかる ベンジャミン・グレアムの投資術 バフェットが師事し、現代の投資家も結果を出した! 現代に通じる本当のバリュー投資を知る! [ かぶ1000 ]

価格:1,760円
(2023/7/16 07:34時点)
感想(1件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です